いつから俺はパトロンになったんだ

いつから俺はパトロンになったんだ

大学院留学中の僕と東京藝大のぶっとび彼女

MENU

チャイナマネーで愛人契約を迫られた

「人生には3回モテ期が訪れる」というクラスメイトのリカちゃんの話は、当時小学校3年生にしてモテ男人生を諦めていた僕に希望の光を灯してくれました。少しでも早くモテ期を迎えたいと思った僕は、ツバの折れた阪神タイガースの帽子を被るのをやめ、丸刈りからスポーツ刈りに変えました。

 

しかし、僕に興味を持ってくれるような女の子は現れることはなく、むしろ見慣れない数センチの前髪に溢れんばかりの期待を込めたことで毛髪が萎縮し猛烈な天然パーマがかかってしまい、モテのモの字もない人生を歩むことになりました。

 

そしてホラ吹きの称号を与えられたリカちゃんの名前をデスノートに記そうかと思い悩むうちに月日は流れ、気づけばこうしてブログを書いています。

 

 

そんな、どこもかしこもひねくれてしまった僕がいま、中国人の大金持ちなクラスメイトの女性から猛烈なアプローチを受けています。

 

その女性は「コさん」といって、授業で顔を合わせる以外に特に話したことすらなかったにもかかわらず、なぜか「2人で動物園に行こう」とfacebookのメッセンジャーでしつこく誘ってくる不思議な存在でした。

 

「2人で」という点にこだわりがあるようで、それが嫌な僕は何度も架空の予定を作ってはぐらかしていたものの、動物園行きをあきらめさせる決定打となる言い訳を見つけることができず、先日しぶしぶ行ってきました。

 

 

当日、彼女は待ち合わせの時間に黒く煌めくレクサスで現れました。わざわざイギリスに来たんだから余計な苦労をしないようにと、彼女の父が新車を買ってくれたそうです。

 

ひとまず助手席に乗り込むと、忘れ物をしたからと一旦彼女の家に帰ることになりました。大半の留学生は学校が所有する寮に住んでいるのですが、彼女が向かったのは3階建ての一軒家でした。

 

シェアハウスでもしているのかと尋ねたところそうではないらしく、「卒業するときに売ればいい」と言って、これもまたお父さんが買ってくれたそうです。普段は3階に住んでいて、1階と2階は友人に貸しているそうです。

 

開いた口が塞がらなくなった僕は、彼女がご馳走してくれたお昼ご飯のフィッシュアンドチップスを咀嚼することができず、開いた口の中の魚のフライを動物園のペンギンに狙われました。

 

こんな人もいるんだな…ところでなぜ動物園に来ているんだろうと思いながらブラブラしていると急にコさんが一言、

「わたしのシークレットボーイになってほしい」

 

「なんやねんそれ!」と思わず地元である八ツ橋の国の訛りが出てしまいました。シークレットボーイってなんやねん、初めて遊んだ日に何を言うとるんや、寝とるカバの前で言うことがそれかい、という3つのツッコミの結晶です。

 f:id:buttobi-sweetheart:20170307084854j:image

  

「今ウチにいる子を追い出すから私と2人で一緒に住めばいいし、ご飯も作るよ。卒業してからも何かあればお金は出すから!!どう?」

 

金で釣って支配できると思ってやがる…別に金なんかには困って…いる…金くれ…

 

といっても、その子がタイプかどうかという話の前に僕は彼女がいるので、他の女性と関係を持つことはないとひとまずお断りしました。ただなぜそんなにお金が湧いてくるのか気になって仕方なかったので色々と話を聞いていくと、シークレットボーイという提案と「コさん」がお金持ちな理由には関係があるようでした。

 

以前、その国を代表する職に就いていた「コ」という苗字の有名人を、聞いたことはないでしょうか。コさんはその方と血縁関係がある(どの程度の関係かは言えないとのこと)そうです。そういった背景から「中国人以外とは結婚するな」と留学前に親族が釘を刺していたようです。それでもなぜかコさんは僕のことを気に入ってくれ、「関係を持ってもらえるならお金を払うから公にしないで欲しい」と考えた、という経緯でした。

 

結局、彼女は潔く諦めてくれましたが、その後、別の中国人女性から「都内にアパートを3件を所有しているから付き合ってくれたらひとつ譲る」というお話もいただきました。

 

江戸時代のお殿様に気に入られた町娘の気持ちがよく分かったように思いますが、ここでは断っても首を斬られることもなく両親も拷問されていないので幸せです。

 

 

ところでよくよく考えれば、これは間違いなく第一次モテ期の到来です。なぜ今ここでモテ期が訪れたのかを検討してみましたが、これは偏に日頃の行いが良かったからでしょう。

 

これまで僕は外国人女性に call me "oni-chan" と言ってはイギリスで妹を量産してきました。「Hi, Oni-chan」と言われて、How are youなんぞ言いながらその人を愛でるわけですが、僕を「お兄ちゃん」と呼ぶ人が増えれば増えるほど両親の子供が増えるわけで、少子化対策の英雄として尊ばれているに違いありません。日本を支える僕に、神様がついに微笑んでくれたんだと思います。ありがとう。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ