いつから俺はパトロンになったんだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつから俺はパトロンになったんだ

大学院留学中の僕と東京藝大のぶっとび彼女

MENU

スコットランド留学は最強かもしれない

英語にも国によっていろいろな訛りがあります。ちなみに僕はスコットランドにいて、スコットランド英語(スコティッシュ)はかなりクセの強いアクセントとして知られています。僕が今回最強という言葉を使ったのは、クセが強いというだけでなく、生きた英語を身につける環境として最強ではないかと感じているからです。

 

スコットランド人で有名な人といえば、僕は真っ先に元マンチェスターユナイテッド監督のアレックス・ファーガソンが浮かびます。テニス選手のマレーがその次。あとはユアン・マクレガーという俳優もスコットランド出身らしく、スターウォーズや今年公開の美女と野獣にも出演していてかなり有名らしいです。まあそれはいいですね。

  

最強の難しさ

ぜひちらっと聞いてみてください。英語に触れてきた方でもきっと聞き取りに苦労するはずです。 

 


Scottish accent (impossible to understand)

 

僕も分かりません。笑

だいぶ聞き取れるようになりましたが、未だに苦労しています。

 

「スコットランド英語が世界で一番の英語だ!!」

「イングリッシュじゃねえ、スコティッシュだ!!」

 

なんて言われ苦笑いをしたこともあります。

 

でも確かに、スコットランドにきて、スコティッシュと親しんでよかったと思うことがあります。 

 

リスニング能力が最強になれる

イギリスといえばイングランドを思い浮かべる方が多いと思いますが、グラスゴーやエディンバラといったスコットランドの都市も世界各地から人が集まる場所です。特にエディンバラは観光者数の多さでいうとロンドンに次いでイギリスで2番目だそうです。

 

そして、そこには移民も多いため、人々の第一言語の種類はかなり幅が広いです(現段階でBREXITはさておき)。つまり、スコットランド人を含めて幅広い特徴あるアクセントの英語に常に触れられるというのはリスニング能力の向上に大きく期待できるというわけです。 

 

今日本で英語を勉強している方は様々な目的があってのことだとは思いますが、「グローバルな環境で働きたい、就職に有利だからTOEICを頑張っている」という方がやはり多いでしょうし、そういう方はワーホリのようにある程度外国人と同等の立場で溶け込む(職場での関係としての意味)というよりは日本人として多くの国の人々とコミュニケーションをとる場合が多いのではないでしょうか。そういった方の英語を使う環境は、

 

・ネイティブより非ネイティブの方が多い

・ネイティブが非ネイティブとのコミュニケーションに慣れている

 

このどちらかがほとんどのはずです。前者は母国語由来の独特なアクセントの英語が飛び交い、コミュニケーションをとるうえで若干の難しさを感じるはずです。では後者なら問題ないのかというと、そうでもありません。

 

日本の英語教育はアメリカ英語なので、僕たちは潜在的にアメリカ英語に慣れ親しんでいます。つまりネイティブな英語といえば"R"の音をしっかり舌を巻きながら発音するものを思い浮かべがちなわけですが、そうでない英語も世界にはたくさんありますし、むしろそうではない英語の方が多いです。

 

かっこいい発音で…なんて話ではなくコミュニケーションツールとして英語をうまくなりたい方や、英語を使う可能性のある仕事に就くことを考えている方には、スコットランドはとてもいい場所ではないかなと思います。

 

 

ちなみにスコットランドといえばウイスキーですよね。この本はガイドブックにオススメしてあったので買ってみましたがスコットランドに来なくともとても面白いと思うので僕からもオススメです。 

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

 

 <こんなのも書いてます>

イギリスで野球をする!! - いつから俺はパトロンになったんだ

イギリスで美味しい唐揚げを作りたい - いつから俺はパトロンになったんだ

藝大生の彼女ができて困ったこと - いつから俺はパトロンになったんだ

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ