いつから俺はパトロンになったんだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつから俺はパトロンになったんだ

大学院留学中の僕と東京藝大のぶっとび彼女

MENU

できるスポーツマンと脳筋の違い

これまで野球をしてきたなかで、監督に「やれ」と言われたことは否応なくやってきました。そうして培う従順さや理不尽に耐える力は、目標にコミットする力と並んで「体育会」というだけで就活などで潜在的に評価されることのひとつだと思います。

 

「やれ」と言われたことの一つとして、高校時代に「一塁ランナーは必ず一塁ベースの後ろに立ってリードしろ」と言われたことがあります。プロ野球など一定のレベル以上の野球であればほとんどの選手がしていることなので、見に行くことがあれば注意して見てみてください。

 

では、なぜ後ろに立つのでしょうか。一塁手から少しでも離れることで、牽制球が来た時のセーフの確率を高めるというのは、もちろん間違ってはいません。

 

実は、一、三、本塁は各ベースを結ぶ四角形の内側にあるのに対し、二塁は四角形の中心がベースの中心と重なるように、つまり四角形から少し飛び出すように二塁があります。

 

f:id:buttobi-sweetheart:20170121151726j:plain

画像:http://baseballmonster.nobody.jp/rule/ground.html より

 

野手のタッチの動作を考えると、ランナーが少しでもタッチされないようにするには各塁を結ぶ四角形のなるべく外側にいるべきです。そのため、一塁から二塁の外側へ向かおうとすると、一塁よりも後ろから、真っ直ぐに走るのが最短距離なわけです。 そんな体ひとつの差なんて…と思うかもしれません。実際どれだけの違いがあるかなんて科学的な見地から考えたことはありませんが、そこまでセーフになろうと策を尽くすことこそが「勝つ」という目標に対して本当にコミットしているのではないでしょうか。

 

二塁ベースのことなど特に考えていない僕は、一塁の後ろから二塁ベースの真ん中に向かって斜めに走っていたことでしょう。「一塁ランナーは必ず一塁ベースの後ろに立ってリードしろ」という指示は十分なものではなかったかもしれません。ですが、その指示を自分にどう生かすのかを深く考えず、ただただ言われたことをしていたのは僕なわけです。

 

言われたことから、何ができるか、するべきかを自分なりに考えて成果を上げられる選手は大成するんだと思いますし、きっと僕はそれができなかったために凡人として野球人生を終えました。僕のように考えず言われたことをこなすだけの人間や、言われなくともそれが自然にできてしまっていた人が指導する立場になった場合、一塁ベースの後ろに立つ理由としてなにを話せるのでしょうか。「プレーヤーとして成功した人が指導者として成功するとは限らない」と言われるのはそういった理由もあるように思います。

 

また、こういった違いが、体育会系の出身で立派なビジネスマンとなったあの先輩と、ただソルジャーとして採用され今や中身のない「脳筋」社会人となってしまったあの先輩の違いなのかな…なんて考えたりします。小言でした。

 

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ