いつから俺はパトロンになったんだ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつから俺はパトロンになったんだ

大学院留学中の僕と東京藝大のぶっとび彼女

MENU

ショッピングに来たんじゃなかったの!?

僕と彼女は共通の話題に乏しいので、幅広いものが揃うショッピングモールに出かけては、それぞれの関心があるものを見て「ほ〜」などと言い合うデートが多いのですが、そんな時でも彼女は予想できません。

特に、彼女の靴を買いにアウトレットへと出かけた日のことは忘れられません。

 

靴への謎のこだわり

新しい靴が欲しいと彼女が言いだしたので、少し遠出をしていいものを買いに行こうということになりました。彼女は靴に関してはお気に入りのものをとことん長く使うので、今回のショッピングがなかなか大きなイベントだというのは明らかでした。

 

これまで彼女が愛用してきた赤い一風変わったデザインの靴は、もともとはヒールだったそうです。片方のかかとが折れたので、もう片方のかかとを電動ノコギリで切り落として高さを調節し使い続けていました。よく分からなかったので聞いているふりをしておきましたが、とにかく質感を気に入っているとのことでした。

 

つま先が上向きのくたびれた赤い靴。なかなかに趣味が悪そうですが、彼女がそれを履けばなんとなく似合っているように見えます。僕の目にバイアスがかかっているからなのか、彼女が不思議な雰囲気を持った芸術家の卵だからなのか、なんとも言えませんが… ただひとつ言うなら、そういう年季の入ったもので僕にとって一番かっこいいのは新庄剛志のグローブです。

 

彼女がまず見るもの

いざアウトレットに着くと、彼女が子どものようにはしゃぎだしました。なんだそういう可愛らしいところもあるのかと思っていたところ、彼女が夢中になっていたのは靴でもなんでもありませんでした。

 

「うわ〜ここでフーツラ使って来るか!」

「やっぱりカッパープレートっておしゃれだよね!!」

「でもやっぱりお気に入りはディンかな〜」

 

??

どこにそんなブランドの店があるんだと思いよくよく聞くと、彼女がそこで見ているのは商品ではなく、フォントでした。どうやら藝大の授業でフォントについて学ぶらしく、今ではパッと見てその字がどのフォントで構成されているのかが分かるそうです。ちなみに、

 

FUTURA(フーツラ)、

COPPERPLATE GOTHIC(カッパープレート)、

DIN(ディン)

 

という感じです。FUTURAやCOPPERPLATE GOTHICは品があるフォントで街のいたるところで見られ、DINはドイツ生まれの工業用文字として生まれたことから視認性が高いとのこと。

 

終わらないフォント観察

フォントについては僕が明るくないだけなのですが、本当に困ったのは彼女のフォント観察が半永久的に続くことです。フォントを見るだけなら家でできるだろうと言いたいところですが、ブランドの雰囲気と彼女のフォントに対するイメージを比較するのが楽しいそうで、その日はただただブランドのロゴを眺めては次の店に向かうの繰り返しでした。そのアウトレットには100を超えるブランドが店を構えていたので、それはそれは果てしない散歩でした。

 

昼過ぎに到着し、気づけば2時間ほど経っていました。さすがに耐えきれなくなり、別行動で後ほど待ち合わせをすることにしたのですが、彼女は待ち合わせ時間までいたるところのフォントを見ていて肝心の靴には目もくれず、ついには

 

「フォントを見過ぎて疲れたから今日は靴は買わなくていいかな」

 

と言って、うなだれていました。

 

おい。靴見ろよ。何しに来たんだよ。湧き上がる思いを心にそっとしまい、疲れつつも満足げな彼女とラーメンを食べて帰りました。

 

フォントに限ったことではない

ただ、こういったことはフォントに限らず起こります。彼女は、フォントが大好きというよりも、好きなものや気になるものへ向けるエネルギーの量が尋常でないのです。そのため、彼女は制作活動で作品や自分に向き合う際、ものすごい集中力を発揮します。その時の姿は真剣そのものでかっこいい一方で、近づきづらさも並ではありません。さすがだなと思います。

 

でも頼む、靴も見ようよ。靴買いに来たんだって。 

新しいお気に入りの靴は、まだ見つかっていません。

 

応援よろしくお願いします! 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ