いつから俺はパトロンになったんだ

いつから俺はパトロンになったんだ

大学院留学中の僕と東京藝大のぶっとび彼女

MENU

ファンキーな住職に出会った話

大学生の頃、家庭教師をしていました。1時間半が1コマで4000円、時給2666円というこの上なくおいしいアルバイトを友人に紹介され、飛びつきました。初めて担当したのは中学生の男の子で野球部。野球なら話も合わせられるし仲良くなれそうだと思っていましたが、「生徒の父親が厳格な方だからマナーには気をつけるように」と会社の方から言われていたのが少し気がかりでした。

 

生徒は、全体的な習熟度は低いものの真面目でいい子。何事もなく初回の授業が終わり、生徒の母親に挨拶をして帰ろうとしたところ、見た目はおよそ50代の男性がリビングにいました。茶色い着物のようなものを纏い、頭頂部が光り輝いていたので、この人が生徒の父親であり住職だと容易に予想できました。

 

「◯◯(生徒)の父です。先生、せがれには人生を教えてやってください。」と言われ、いやいやそれはお父さんの仕事でしょうよと思いつつお茶を濁していると応答がありません。しまった、怒らせてしまったかなと思いよくよく見ると、生徒の父親はヘッドフォンをしながら戦争ゲームでオンライン対戦をしていました。

 

テレビの画面に夢中でノールックで挨拶。真剣な顔で「ふっざけんなよ!!」と呟きながら仮想空間で人殺しをするのが住職という、仏の顔も一度目から鬼になりうる瞬間を見た僕は、この生徒に人生を教えられるようになろうと胸に十字架を切りました(切ってません)。

 

f:id:buttobi-sweetheart:20170510215552p:image

 

それから、幸運にも簡単な単元が続いたことで生徒の点数が飛躍的に上がったことと、家族の皆さんと僕が気が合ったこともあって、生徒やその家族とすぐに打ち解けました。晩ご飯のおかずを自分にも用意して持ち帰らせてくれるようになり、時には外食に連れて行ってもらうこともありました。とりわけ生徒の父親は大変気前のいい方で、ある日、授業の後に生徒抜きで2人で焼肉に行き、ごちそうしていただくことになりました。

 

当時、とても気になっていたことがありました。祖父の葬儀の際に、故人の好物として酒が棺に入れられていたのを見て以来の疑問です。

「もし自分の父親が亡くなったときには、父の好きだった焼き芋を棺に入れるべきなのか、それとも生のサツマイモを入れて棺のなかで焼き芋にするべきなのか。」

既に焼かれたのに棺のなかでまた焼かれるサツマイモなんて、いっちょまえのシチューを作る前にフライパンのうえで傷めつけられ飴色させられたうえに跡形もなく消える玉ねぎみたいに無力だし、かと言って生のサツマイモを入れようもんなら美味しい焼き芋へと姿を変えるサツマイモの背中を見届けることなく父は灰になってしまうんじゃないか。

 

きっと誰よりも数多くの葬儀に出席している住職なら、事例から答えを教えてくれるんじゃないだろうかと思った僕は、生徒の父親に聞いてみました。

 

僕:「焼き芋が好きな人の棺には、焼き芋か生の芋のどっちを入れるもんですか?」

生徒の父親:「どっちでもいいと思うけど、おすすめは焼き芋だなあ、そりゃあ。」

 

そりゃそうか。言葉は悪いかもしれませんが、棺の中は故人として最高の状態になっているわけで、そこには生の芋を入れるよりも焼き芋がベターなわけです。ただ、そうは考えない所謂「生サツマイモ派」の人もしばしばいるそうです。

 

以前その生徒の父親が住職として招かれた葬儀では、故人は胃ガンだったそうで、好きなものを全く食べることができずに亡くなったとのことでした。故人の兄はそれを不憫に思い、「あいつ母ちゃんの作る茶碗蒸しが大好きだったんだよな〜」と言いながらアイボリーの液体(茶碗蒸しの素)を遺体にかけ、薄切りの椎茸とかまぼこ、銀杏を盛ったそうです。すると親族から「こいつも茶碗蒸しの具になるじゃねえか!!」と至極真当なツッコミが入り、大笑いと苦笑が入り混じった微妙な雰囲気が流れたそうです。

 

焼肉を食べ終えた僕は、大恥を掻く前に聞いておいてよかったとホッとしつつ、バイクを置いたままだったので住職さんと生徒の家に戻りました。生徒の母親にもお礼を言おうともう一度お邪魔したところ、生徒のお母さんはヘッドフォンをつけて戦争ゲームでオンライン対戦をしていました。くわばら、くわばら。

チャイナマネーで愛人契約を迫られた

「人生には3回モテ期が訪れる」というクラスメイトのリカちゃんの話は、当時小学校3年生にしてモテ男人生を諦めていた僕に希望の光を灯してくれました。少しでも早くモテ期を迎えたいと思った僕は、ツバの折れた阪神タイガースの帽子を被るのをやめ、丸刈りからスポーツ刈りに変えました。

 

しかし、僕に興味を持ってくれるような女の子は現れることはなく、むしろ見慣れない数センチの前髪に溢れんばかりの期待を込めたことで毛髪が萎縮し猛烈な天然パーマがかかってしまい、モテのモの字もない人生を歩むことになりました。

 

そしてホラ吹きの称号を与えられたリカちゃんの名前をデスノートに記そうかと思い悩むうちに月日は流れ、気づけばこうしてブログを書いています。

 

 

そんな、どこもかしこもひねくれてしまった僕がいま、中国人の大金持ちなクラスメイトの女性から猛烈なアプローチを受けています。

 

その女性は「コさん」といって、授業で顔を合わせる以外に特に話したことすらなかったにもかかわらず、なぜか「2人で動物園に行こう」とfacebookのメッセンジャーでしつこく誘ってくる不思議な存在でした。

 

「2人で」という点にこだわりがあるようで、それが嫌な僕は何度も架空の予定を作ってはぐらかしていたものの、動物園行きをあきらめさせる決定打となる言い訳を見つけることができず、先日しぶしぶ行ってきました。

 

 

当日、彼女は待ち合わせの時間に黒く煌めくレクサスで現れました。わざわざイギリスに来たんだから余計な苦労をしないようにと、彼女の父が新車を買ってくれたそうです。

 

ひとまず助手席に乗り込むと、忘れ物をしたからと一旦彼女の家に帰ることになりました。大半の留学生は学校が所有する寮に住んでいるのですが、彼女が向かったのは3階建ての一軒家でした。

 

シェアハウスでもしているのかと尋ねたところそうではないらしく、「卒業するときに売ればいい」と言って、これもまたお父さんが買ってくれたそうです。普段は3階に住んでいて、1階と2階は友人に貸しているそうです。

 

開いた口が塞がらなくなった僕は、彼女がご馳走してくれたお昼ご飯のフィッシュアンドチップスを咀嚼することができず、開いた口の中の魚のフライを動物園のペンギンに狙われました。

 

こんな人もいるんだな…ところでなぜ動物園に来ているんだろうと思いながらブラブラしていると急にコさんが一言、

「わたしのシークレットボーイになってほしい」

 

「なんやねんそれ!」と思わず地元である八ツ橋の国の訛りが出てしまいました。シークレットボーイってなんやねん、初めて遊んだ日に何を言うとるんや、寝とるカバの前で言うことがそれかい、という3つのツッコミの結晶です。

 f:id:buttobi-sweetheart:20170307084854j:image

  

「今ウチにいる子を追い出すから私と2人で一緒に住めばいいし、ご飯も作るよ。卒業してからも何かあればお金は出すから!!どう?」

 

金で釣って支配できると思ってやがる…別に金なんかには困って…いる…金くれ…

 

といっても、その子がタイプかどうかという話の前に僕は彼女がいるので、他の女性と関係を持つことはないとひとまずお断りしました。ただなぜそんなにお金が湧いてくるのか気になって仕方なかったので色々と話を聞いていくと、シークレットボーイという提案と「コさん」がお金持ちな理由には関係があるようでした。

 

以前、その国を代表する職に就いていた「コ」という苗字の有名人を、聞いたことはないでしょうか。コさんはその方と血縁関係がある(どの程度の関係かは言えないとのこと)そうです。そういった背景から「中国人以外とは結婚するな」と留学前に親族が釘を刺していたようです。それでもなぜかコさんは僕のことを気に入ってくれ、「関係を持ってもらえるならお金を払うから公にしないで欲しい」と考えた、という経緯でした。

 

結局、彼女は潔く諦めてくれましたが、その後、別の中国人女性から「都内にアパートを3件を所有しているから付き合ってくれたらひとつ譲る」というお話もいただきました。

 

江戸時代のお殿様に気に入られた町娘の気持ちがよく分かったように思いますが、ここでは断っても首を斬られることもなく両親も拷問されていないので幸せです。

 

 

ところでよくよく考えれば、これは間違いなく第一次モテ期の到来です。なぜ今ここでモテ期が訪れたのかを検討してみましたが、これは偏に日頃の行いが良かったからでしょう。

 

これまで僕は外国人女性に call me "oni-chan" と言ってはイギリスで妹を量産してきました。「Hi, Oni-chan」と言われて、How are youなんぞ言いながらその人を愛でるわけですが、僕を「お兄ちゃん」と呼ぶ人が増えれば増えるほど両親の子供が増えるわけで、少子化対策の英雄として尊ばれているに違いありません。日本を支える僕に、神様がついに微笑んでくれたんだと思います。ありがとう。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ

高校野球で経験したとんでもない伝統

僕は小学校入学から野球をしてきましたが、最も野球を辞めたいと思ったのは間違いなく高校の時です。ある地方の県内強豪レベルの野球部にすぎませんでしたが、練習が厳しいことで有名でした。しかし、本当に辛かったのは練習ではなく、部内にあった本当に意味不明な上下関係でした。ちなみに高校を卒業してから5年程度しか経っていないのでそれほど昔の話ではありませんし、これと似たような経験をした他の高校出身の友人も一定数います。

 

ユニフォームいっぱいに記名

部員の名前を把握するため、真っ白のユニフォームの胸と背中にマジックペンで名前を書かなければなりません。特に背中は目立つので、一年生は隙間なく背中いっぱいに大きく名字を書くように先輩から言われます。しかし、野球のユニフォームはシャツをインするかたちで着こなすので、二文字以上の名字の場合、一文字目しか見えません。なので、大野くんは「え、あいつあんなに小さいのに背中に大って書いてあるぜ」と言われ、福田くんは「あいつ常に旧正月だな」と言われながら、周りの目を気にせず自分のプレーに集中する力を身につけました。

 

3歩以上の距離はダッシュ

グラウンドに入れば少しもダラダラすることは許されません。移動でジョギングしていれば元の場所に戻って全力ダッシュでの移動をやり直します。そして、1年生はそれを叩き込むために3歩以上の移動距離は全力ダッシュをし、目的地で急停止することになっていました。急停止する理由は、減速が緩やかだとだらしなく見えるからだそうです。わずか5メートル先にあるボールを拾うために全力で走る姿は言うまでもなく滑稽で、他の生徒の笑い者でしたが、急発進、急停止を繰り返すことで瞬発力が向上しました。

 

早すぎる集合時間

土日など朝から部活動がある日、基本的に監督は「8時から練習」と伝えます。これは完全に体が動く状態で8時にグラウンドにいなければならないという意味なので、部員が7時半にはウォーミングアップを始めます。3年生はその時間に集まればいいのですが、2年生はその1時間前に、そして1年生は2時間前にグラウンドに集合しなければなりません。つまり、8時からの練習に1年生は5時半に集合しなければなりません。おかげさまで、今もデートの時間の2時間半前には待ち合わせ場所に行き、アップをしながら彼女を待っています。

 

自転車は立ち漕ぎで

授業が終われば、学校から離れたグラウンドに移動しなければなりません。一年生はこの移動は立ち漕ぎでなければなりません。入部したての頃、僕はムスコのポジションを直したいがためほんの一瞬ならいいだろうとお尻をサドルにつけてしまいました。今でも鮮明に覚えていますが、3秒も座っていません。しかしそれを先輩が見ていたらしく、翌日一年生全員が五厘刈りになりました。僕のムスコの髪を五厘刈りにするのが一番よかったかもしれません。これを機に、臨機応変にムスコをベストポジションに導く力は著しく成長し、今や僕の右に出る者はいません。

 

挨拶は全力ではっきり、人数分する

「おざっす」ではなく「おはようございます」と言うように、と指導する高校の野球部は少なくありません。しかし僕のいた野球部では、立ち止まり先輩の正面で、大声かつ見つけた先輩の数だけ挨拶しなければなりませんでした。先輩3人が雑談しているところに出くわせば、話を遮るほどの大声で「おはようございます!おはようございます!おはようございます!」と言わなければなりません。

しかし、これには例外がありました。学校からグラウンドに向かう時です。下級生ほど早くグラウンドに着いて練習の準備をしなければならないという暗黙のルールがあるので、人数分の挨拶は必要なものの挨拶を簡略化して立ち止まらずに「ちゃ」と言うことが許されます。つまり、1年生は授業が終わり次第、全力で「チャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャ!」と言いながら先輩たちを立ち漕ぎで抜き去っていくのです。

 

今だからネタにできる

こんなことをするメリットして考えられるのは、本当にやる気のある部員だけを残せることです。ちなみに入部時に50人いた僕と同学年の部員は、卒業時には15人になっていました。甲子園により近づくため、中学校まで野球をしていたからという理由だけで入部した部員は排除し、高いモチベーションと能力の部員だけを残してある程度練習の効率を上げることは一定の意味を持つでしょう。

 

結局、自分たちが最上級生になる頃には数十年続いたと言われた謎の伝統は自然と消えました。本当はそれぞれのしきたりにも真っ当な理由があったのかもしれません。しかしその本質を知らないまま形骸化したものはただただ無駄で、時に苦痛でしかありませんし、美徳でもなんでもありません。そもそもなぜ高校球児は坊主でないといけないんでしょうか。 

 

髪を短くすれば野球が上手くなったり人として成長できるなら、メンズTBCあたりに行って「ヴィン・ディーゼルかドウェイン・ジョンソンみたいに脱毛してください」って言いますよ。どっちも一緒か。

 

【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード ヘプタロジーBlu-ray SET(初回生産限定)(ポストカード付き)

【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード ヘプタロジーBlu-ray SET(初回生産限定)(ポストカード付き)

 

ちなみにヴィン・ディーゼルとドウェイン・ジョンソンといえばこれしかありませんね。

 

<こんなのも書いてます>

東京藝大の彼女のいたずらがハイレベルすぎた - いつから俺はパトロンになったんだ

できるスポーツマンと脳筋の違い - いつから俺はパトロンになったんだ

藝大と芸大の違い - いつから俺はパトロンになったんだ

彼女の作品に使われる - いつから俺はパトロンになったんだ 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ

東京藝大の彼女のいたずらがハイレベルすぎた

彼女はよく、日常にあるものから作品を作り出すので、僕のものを制作活動のために借りていくことがよくあります。必要でないものはあげますが、だいたいはきちんと元の状態にして返してくれます。これまでに提供したのは、僕の写った写真、食器、テレビ、洗濯機、あたりです。学校に運び込むためにレンタカーの運転から搬出作業まで手伝うこともあります。

 

ある日、いつものように彼女は「作品に使わせて!」と僕の部屋にあったスピーカーをスーツケースに詰めて持って行きました。ちなみにこれです。

SONY アクティブスピーカーシステム D5 SRS-D5

SONY アクティブスピーカーシステム D5 SRS-D5

 

 

これまで借りていったものの中で3番目に高いものです(1番は洗濯機、2番目はテレビ)。といっても見た目のゴツさの割にはリーズナブルで音もいい感じだし、割と気に入っていたものでした。

 

スピーカーを借りるということは、空間全体を作品にして音楽を流すような感じかなと簡単に考えていましたが全くそうではなく、彼女はスピーカーそのものを加工して作品にし、展示するつもりのようです。

 

それから少しして彼女の家に遊びに行った時、彼女がなぜか石膏を買っていることの気づきました。するの彼女は突如として服を脱ぎ、自分の胸に石膏を盛り始めました。え?大丈夫なの?…と思って見ていると案の定石膏は熱くなり、「あちあち!でも我慢だ」なんて言ってました。いやいや、熱いうんぬんの前に何をしてるんだ。でも面白そうなので何をするのかはあえて聞きませんでした。

(※使うことが普段ないと思いますが、石膏は固まる過程で高温になるので気をつけて下さい。万が一こういったことがあれば、デリケートゾーンは特に気をつけましょう。)

 

 

そこからしばらくして、作品の展示を終えた彼女が僕にスピーカーを返してくれました。「ごめんこれだけ取れなかったけど使えるから許して〜」と言うので、どういうこと!?と急いで確認した結果がこれです。

 

f:id:buttobi-sweetheart:20170202052706j:image

 

!?!?

 

彼女は、石膏の型に樹脂を流し込み、固まった樹脂に色付けして自分の分身を作っていました。そして、それをスピーカーの音量のつまみに接着し、作品にしていたのです(そういった理由から画像には加工処理が施されています)。

 

それはもう型をとっているわけですからかたちは完全にそれですよ。ただ、着色がちょっと違いますね。それに関してはあまり多くを話せませんが。笑

 

ま…まあ、作品には干渉しないのでいいですが、どんな作品ができたのかさすがに気になったので聞いたところ「ほ〜」という感じでした。「ほ〜」です。理解するのに時間がかかりましたが、他の展示物と合わせて見ると決して性的ないやらしさはありません。

 

「あ、こんな解き方があるんだ!」と思わせるような面白い数式を教わったような気持ちというか、これまでの自分の考え方が変わるような気持ちがして、いつも彼女の作品を知るのは楽しいです。

 

ただ、スピーカーのつまみがつまめなくなりました。心的な理由で。そして僕は家に人を呼ぶことが多かったのですが、彼らはスピーカーのつまみについた異常なリアリティあるそれに食いつき、僕の趣味を疑います。しかし事の経緯を話すと自分も恥ずかしくなるので、「ああ…彼女のいたずらだよ…」とだけ言っています。

 

 

今は、家に「呼ぶ」より「行く」派です。

 

<こんなのも書いてます>

藝大生の彼女ができて困ったこと - いつから俺はパトロンになったんだ

藝大生の彼女がアルバイトをしない理由① - いつから俺はパトロンになったんだ

彼女の作品に使われる - いつから俺はパトロンになったんだ

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ

スコットランド留学は最強かもしれない

英語にも国によっていろいろな訛りがあります。ちなみに僕はスコットランドにいて、スコットランド英語(スコティッシュ)はかなりクセの強いアクセントとして知られています。僕が今回最強という言葉を使ったのは、クセが強いというだけでなく、生きた英語を身につける環境として最強ではないかと感じているからです。

 

スコットランド人で有名な人といえば、僕は真っ先に元マンチェスターユナイテッド監督のアレックス・ファーガソンが浮かびます。テニス選手のマレーがその次。あとはユアン・マクレガーという俳優もスコットランド出身らしく、スターウォーズや今年公開の美女と野獣にも出演していてかなり有名らしいです。まあそれはいいですね。

  

最強の難しさ

ぜひちらっと聞いてみてください。英語に触れてきた方でもきっと聞き取りに苦労するはずです。 

 


Scottish accent (impossible to understand)

 

僕も分かりません。笑

だいぶ聞き取れるようになりましたが、未だに苦労しています。

 

「スコットランド英語が世界で一番の英語だ!!」

「イングリッシュじゃねえ、スコティッシュだ!!」

 

なんて言われ苦笑いをしたこともあります。

 

でも確かに、スコットランドにきて、スコティッシュと親しんでよかったと思うことがあります。 

 

リスニング能力が最強になれる

イギリスといえばイングランドを思い浮かべる方が多いと思いますが、グラスゴーやエディンバラといったスコットランドの都市も世界各地から人が集まる場所です。特にエディンバラは観光者数の多さでいうとロンドンに次いでイギリスで2番目だそうです。

 

そして、そこには移民も多いため、人々の第一言語の種類はかなり幅が広いです(現段階でBREXITはさておき)。つまり、スコットランド人を含めて幅広い特徴あるアクセントの英語に常に触れられるというのはリスニング能力の向上に大きく期待できるというわけです。 

 

今日本で英語を勉強している方は様々な目的があってのことだとは思いますが、「グローバルな環境で働きたい、就職に有利だからTOEICを頑張っている」という方がやはり多いでしょうし、そういう方はワーホリのようにある程度外国人と同等の立場で溶け込む(職場での関係としての意味)というよりは日本人として多くの国の人々とコミュニケーションをとる場合が多いのではないでしょうか。そういった方の英語を使う環境は、

 

・ネイティブより非ネイティブの方が多い

・ネイティブが非ネイティブとのコミュニケーションに慣れている

 

このどちらかがほとんどのはずです。前者は母国語由来の独特なアクセントの英語が飛び交い、コミュニケーションをとるうえで若干の難しさを感じるはずです。では後者なら問題ないのかというと、そうでもありません。

 

日本の英語教育はアメリカ英語なので、僕たちは潜在的にアメリカ英語に慣れ親しんでいます。つまりネイティブな英語といえば"R"の音をしっかり舌を巻きながら発音するものを思い浮かべがちなわけですが、そうでない英語も世界にはたくさんありますし、むしろそうではない英語の方が多いです。

 

かっこいい発音で…なんて話ではなくコミュニケーションツールとして英語をうまくなりたい方や、英語を使う可能性のある仕事に就くことを考えている方には、スコットランドはとてもいい場所ではないかなと思います。

 

 

ちなみにスコットランドといえばウイスキーですよね。この本はガイドブックにオススメしてあったので買ってみましたがスコットランドに来なくともとても面白いと思うので僕からもオススメです。 

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

 

 <こんなのも書いてます>

イギリスで野球をする!! - いつから俺はパトロンになったんだ

イギリスで美味しい唐揚げを作りたい - いつから俺はパトロンになったんだ

藝大生の彼女ができて困ったこと - いつから俺はパトロンになったんだ

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へにほんブログ村 恋愛ブログ 学生恋愛へ